真珠ネックレス・真珠ペンダント・真珠ブレスレットなど高品質淡水真珠商品を非常にお値打価格でご提供しております。

通販ニマルイチ

真珠のお話

喪服に真珠ピアス?

投稿日:

 

喪服に真珠ピアス?

今日は喪服に真珠ピアスをつけてもよいのか?というテーマについてですが、簡単にいうと、耳に飾るものはお葬式のような場所ではつけてはいけないということです。

真珠ネックレスもつける義務はなく、唯一お葬式の場でつけても良いとされているジュエリーです。

ですから、なにかつけたいと思うのであれば、真珠ネックレスのみの装着をお勧めします。

いろいろな情報を集めると、イヤリングはいいけど、ピアスはNG。ピアスはぶら下がり揺れるフックピアスでなければ大丈夫などとありますが、私は、着ける義務がないのであれば、真珠ネックレスのみで納めておいたほうが無難だと思います。

黒い喪服に真珠ネックレスはどことなく、静けさを表現し、お葬式の場でも美しく失礼に値しないファッションとして飾ることができると思います。

それは、和装でも同じことです。和装であれば特にアクセサリーは必要ないと思います。

 

 

喪服に最適な真珠のタイプ

喪服に最適な真珠の大きさは約7.5~8.0mm。

ラウンドのホワイト(白)がベストでしょう。

黒蝶真珠などの黒い色ならばもう少し大きめでも問題ありません。お葬式に10mm珠をつけていく方も少ないと思いますが。

バロックなどの変形した真珠、デザイン真珠も失礼にあたります。

さらにロング真珠ネックレスは一連、二連などもやめておきましょう。

 

まとめ

極力地味に且つ、きっちりと。フォーマルに。お通夜では平服も可能。

ビジネススーツや地味目のスーツであれば大丈夫です。

告別式においては喪服のみとなります。

真珠セットと喪服はもっていても間違いはないでしょう。

-真珠のお話

Copyright© 通販ニマルイチ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.